たなばた色

a0303780_01583290.jpg
紫〜青のグラデーションが
私にとっては七夕のイメージにぴったり☆






*

吹奏楽をやっている人なら
知っている人がほとんど、といっていいほど人気の曲

The Seventh Night of July ~Tanabata~


みんなが「たなばた」と呼んでいる
この曲のことを思い出しました。





高校生の頃、
マーチングの大会と入学式で演奏しました。


「たなばた」の楽譜には
ホルンにゲシュトップという奏法で
吹くよう指示されている部分があります。

ゲシュトップというのは、
音をふさぐようにホルンのベル(朝顔)に手をかぶせるようにして吹くと
金属的な音色に変えることができる奏法。




ほんの3秒間くらい、ゲシュトップの指示があるのですが
当時、全然できなくて。

(未だにすごくニガテです、、)






先生に
「この音、1オクターブ上げてもいいですか?」
と聞きに行きました。


もちろん、「だめ。」と即答。

作曲した人はその音で書いてるんだから、と。




私は作曲者に対して
ものすごく失礼なことを言ってたんだな〜と、、

子どもで無知だったとはいえ、
今思うと本当に恥ずかしいです ^^;

作曲者は日本人なので、
いつかお会いできたら謝りたいです。






当時は、
1オクターブ上げればできるんだけどな〜
やっぱだめなんだぁーー

というかんじで、だめと言われたから
楽譜どおりの音で練習しました。



練習してもなかなか納得のいくようにはできず、
もやもやしたまま本番を迎えてしまいました。




でもなんと、
本番でだけ成功したんです!!

先生も指揮しながら
「よくやった!」って顔してくれました ^^



やっぱり、コツコツと練習することって大事だー!!
というキラキラな経験を持たせてもらいました。


先生と「たなばた」に感謝ですね。。




そんなことを思い出した
七夕の夜。









[PR]
by cherie331 | 2014-07-07 23:59 | Flower & Green | Comments(0)
<< 初夏の妖精 ニャンニャン >>